ヴィーガンワイン(Vegan Wine)とは?

 

 

 

ヴィーガン(Vegan)=完全菜食主義者

 

 

 

ヴィーガン1

 

 

 

皆さんご存知ですか?

ヴィーガニズムとも呼ばれるこの概念は、

肉・魚・卵・乳製品・はちみつ等、動物由来の食品を一切摂取しないライフスタイル。

 

 

 

1944年にイギリスで設立された、ヴィーガン協会の概念です。

 

 

 

ベジタリアン(菜食主義者)とは少し違い、

ベジタリアンという大きなくくりの中に、ヴィーガンがあるといった感じです。

 

 

 

さらにヴィーガンの中でも、食生活のみ摂取を限定するものから、

化粧品や衣服に於いてまで動物由来の製品の使用を拒むものなど、

様々な種類があるそうです。

 

 

 

s128_choju48_0010_3

 

え~!!!

お肉抜きの生活なんてちょっと考えられない…

私を含めて、そう思う方が多数なのでは…

 

 

 

 

ヴィーガン2

 

しかし、ヴィーガニスムが訴えるのは、『食と環境』に興味を持つこと。

世界の農場を対象としたデータベースによると、大気と水の汚染で最も環境に負担を与えているのは、

肉類と乳製品を生産する畜産であるとの報告がされています。

 

 

 

s128_choju28_0037_5

 

 

 

また、その他にヴィーガンを目指す理由として、

・心身の健康のため

・動物愛護という倫理的な理由のため

・宗教上の理由のため

すこし哲学的な概念になりますが、こういったライフスタイルも世界にはあるんです。

 

 

 

 

 

ヨコヤマでは今回『ヴィーガンワイン』を取り扱うことになりました。

一見、ワインは葡萄からできているため、ヴィーガンとは関係なさそうですが、

実は醸造過程において、動物由来の成分が入ったものを使用しています。

 

 

s256_f_health_3_1nbg

 

 

ワインを造る際、澄んだワインにするために、浮遊物やオリを取り除きます。

その工程で『清澄材』というものを使用します。

この清澄剤に動物由来の成分が入っているそうです。

 

 

 

じゃあ、どうするんだってことですが、

この動物由来の成分が入った清澄剤のかわりに、

鉱物由来の粘土や、珪藻土を使ったり、無清澄(ノンコラージュ)にしたり、

そうやって造られたワインが、『ヴィーガンワイン』と呼ばれるのです。

 

 

 

 

 

ロジット&グアリーニ

ノストレ・テッレ カベルネ・ソーヴィニヨン

 

ノストレ・テッレ ヴィーガンワイン

 

赤・ミディアムボディ

ブラックベリー等のバランス良い果実とハーブ、ペッパーの香り、エレガントなタンニンでバランス良い味わいの赤ワイン

 

 

 

 

 

ロジット&グアリーニ

ノストレ・テッレ シャルドネ

 

ノストレ・テッレ ヴィーガンワイン

 

白・辛口

熟した果実の香り、ミネラル豊富でフレッシュな味わいが感じられる辛口白ワイン

 

 

 

 

 

これらの商品はヴィーガン協会認証ワインです。

販売価格:各980円(税込)

 

※ 酒スタジアムヨコヤマ万田店で購入可能です。

※ また、弊社オンラインショップでも購入可能です。

ロジット&グアリーニ ノストレ・テッレ カベルネ・ソーヴィニヨン はこちらをクリック

ロジット&グアリーニ ノストレ・テッレ シャルドネ はこちらをクリック

 

 

 

 

 

TOKYO2020を2年後に控え、これから海外の方とふれあう機会も多くなると思います。

様々な国と地域から来られる方は、文化が日本と大きく異なり戸惑うこともあるはず。

 

 

s256_town0042_1

 

 

ヴィーガニズムの難しいところは、外食がなかなかできないところです。

動物由来の食品を全く含まない食事は、日本ではかなり難しいと思います。

昔からある日本の精進料理はヴィーガンと言われていますが、

そもそも、精進料理は普通の外食では食べられませんからね。。

 

 

 

海外のゲストを迎えるにあたり、ヴィーガニズムの考え方を知っておくことで、

より一層日本人の『おもてなし』の精神を発揮できるのではないでしょうか。

 

s128_choju45_0004_0